忍者ブログ
「美しい」国ニッポンの陰、世界の片隅で苦しむ人を1人でも救いたい。人扱いされていない人間を1人でも少なくしたい。そういう思いでニュースを中心に数々の卑劣な行為を糾弾していく。協力頼む。
[37]  [38]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44]  [45]  [46]  [47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  「下火になった」と喜んでいるかもしれない。

  しかしパシリの比嘉(滝川高校3年)の少年院送致相当の意見書が検察から出されたが、これはインターネットでの協力があったからこそ実現したのではなかろうか。警察もあまりに世論に反したことができないだろう。

  それより逮捕されなかった場合でも殺人者として自分の名前と写真と住所がインターネットのいたるところに残る。やっぱうれしくないだろう・・。

  滝川高校殺人事件は過去の少年犯罪事件と比べて大きな進歩だろう。高校の名前さえ出すのをためらっていた大手新聞もあるが、高校名だけではなく、今回は加害者の人生を破壊するほどの大きなダメージを与えることに成功した。「ザマミロ」と思い見ている人が多いと思われる。これだけの情報が明るみになったのは滝川高校の生徒さんのおかげであり、よくやってくれたと全国から拍手を受けている。

  大河内君殺人事件の頃とは大きな進展である。あれだけのことをやった加害者が今も社会参加しているのは許されないだろう。今後「やり逃げ」は許されなくなる。

  少年法か何か知らぬが「人を殺しても1~2年償えば過去の殺人行為は秘密にされたまま社会生活を再度営める」こんなばかげた話はないであろう。償うとか更正とかそういった次元のことではなかろう。真面目に法律を守っている人間を危険に曝すような加害者の人権保護は社会の納得も得られないだろう。だからこのたびここまで加害者の人生を台無しにするぐらいの成果を生んだ。極道顔負けのチンピラはもちろん、○○科学大学に通うT.Sの彼女なども、いつまで無事に大学に通えるかとても不安である。自業自得であるが。まあ人殺しには人権はないので仕方ないだろう。

  昔は少年でも犯罪を犯せば実名は公表された。小松川高校殺人事件の犯人は写真も名前も公開された。これは誤審の恐れが大きいのではといわれるので疑問を感じるが、人が死んでるんだから実名写真の公開は当然ではないか。インターネットで当たり前のように加害者の個人情報が流れていることは痛快であるが、当然こうあるべきだろ・・・・。
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
あなたもイジメている
この文章の中にある
「インターネットで当たり前のように加害者の個人情報が流れていることは痛快である」
という部分、これは加害者イジメではないのですか?
私にはいわゆる「いじめっ子」たちの、「気に入らないものはいじめる」という考え方と同じにしかうつりません。
もう少し、自分を見つめなおしたほうがいいのではないですか?
NONAME 2007/12/09(Sun)02:16:04 編集
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
カテゴリー
最新コメント
[12/09 NONAME]
[11/05 nihonchan]
[10/30 NONAME]
[10/16 イジメ許すな!]
[10/16 イジメ許すな!]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
nihonchan
性別:
男性
自己紹介:
管理人の匿名メールアドレス。告発大歓迎。ブログで話題にすべき数々の密室犯罪行為をたれ込もう。悩み相談受付。秘密厳守。

 tutumikoushien@yahoo.com.ph

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © いじめは犯罪。理不尽な肉体的苦痛、精神的苦痛には断固ノーを。自殺だけはするな。 All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]