忍者ブログ
「美しい」国ニッポンの陰、世界の片隅で苦しむ人を1人でも救いたい。人扱いされていない人間を1人でも少なくしたい。そういう思いでニュースを中心に数々の卑劣な行為を糾弾していく。協力頼む。
[53]  [54]  [55]  [56]  [57]  [58]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  中国から覚醒剤1キロ強持ち出そうとした日本人が大連空港で発見された事件で死刑判決が下りた。この国ならばすぐに執行もなされるだろう。もうされているかな。これだけの量の覚醒剤を売買目的で運んでいるとみなされれば、かなりの国で死刑判決が出る。一桁グラムでも死刑が出るのが通常だし、1キロは尋常な量ではない。これはやむなしか。と外国の事情を考えれば思うが、日本国内で外国人が覚醒剤1キロ売買目的で所持していても、相場は3~5年前後になるのかないずれにせよ刑務所に入れば出てくる。同じ日本人が確かに具合は悪いが覚醒剤所持とは言え、日本国内では再起が図れる犯罪でおそらくこれは薬物注射で殺される。人を殺していないのに殺されるのは、日本人の応報感覚に合致しないのではないかな。ましてこれを言ってはならないのかもしれないが、日本で好き放題犯罪を犯している人を出しまくっている他国でこんなことがなされて、少しも同情がないのはいかがかと思う。しかもザマミロ的な感想が多いようである。まあ旅行していて拉致されても自己責任で殺されて来いというぐらいなので、それとの均衡は取れているが・・・。なんかまとまりのない国で、この国では弱者や判断能力の鈍い人がどこでどんな目に遭っても見捨てられることが多いようである。日本はいつか近い将来に地図から消えるのではないかなあ。周りの人へ思いやりや仲間意識がなければそんな国が国家として存在していることにいかばかりの意味があるか問い直してみたい。
  
  なおたとえ暴力団であっても国内法で死刑とされない件で死刑となるのは個人では疑問を感じるが、この件では運び屋として死刑判決を受けた日本人は、退職後収入がなく経済的に困窮していた。しょせん経済大国日本の現状などその程度のものであるのだが、海外から物を運べば20万円ほどの報酬が受けられるという求人広告に申し込んでこのようなこととなったようである。時折このような広告を見るが、昔は多少状況が異なっていたようであるが今は専門のバイヤーでルートを知っているわけでもない見ず知らずの素人に報酬を払ってまで他国から輸入すべきものはない・・・ということはないけど、そんなおいしい仕事は自分か親しい者にやってもらうであろう。どこの馬の骨かわからん人間には頼まない。おのずとどのような仕事か知るべきであろう。「高収入、未経験歓迎、ただで海外旅行」などの雑貨輸入スポーツ用品輸入のスタッフ募集も中に覚醒剤を仕込んでいてそれを運ばせることを目的にしている場合が多い。とんでもないことに巻き込まれる。

  ところでよく凶悪な人殺し弁護の弁護人が「彼は残忍な男ではない。 矯正の可能性がある」など言うわけである。人として越えてはいけない一線と、誘惑に負ければ死が後ろに迫っていれば越えても仕方ないかと思える一線もある。この場合の覚醒剤運び。経済的に困窮していた人間。何かやらないと死ぬけど60歳過ぎでは就職もないし、多少あやしいことに手を出してしまうのも同情できるなあ・。はっきりいって、これは矯正できるよ。働く場所か何らかの形の援助を受けられるならば。矯正不可能なのはなんら理由のない人殺し行為。イジメ殺人ももちろん含める。堤翔吾も山川も勝浦ももちろん矯正不可能。殺しは人間としてしてはならないこと。どんなに経済的に困窮していても。でも人殺しは矯正できるかどうか関係ないであろう。

堤とか山川とか山形マット殺人事件や函館リンチ殺人事件の犯人に「矯正しました。更生しました。今日からみなさんとまた仲良く社会生活が送りたいです。よろしくね」といわれて、誰が良かったねと思えるんだろう。矯正可能性があるから極刑は躊躇する。この感覚にはついていけない。矯正可能性があろうがなかろうが人を殺せば二度と同じところに帰ってきてはならないであろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000083-jij-int

【北京23日時事】中国の遼寧省高級人民法院(高裁)は23日午前、麻薬密輸罪に問われた森勝男被告(64)=福島県出身=に対する控訴審の判決公判を開き、同被告の控訴を棄却、執行猶予なしの死刑判決とした1審を支持した。中国は2審制のため被告の死刑が確定した。
 同法院は刑執行に関して最高人民法院(最高裁)の許可を取るとしており、最高人民法院が最終的な決定を下す。瀋陽の日本総領事館が明らかにした。
 今年8月には森被告と同様に、日本への覚せい剤運搬に関与した武田輝夫、鵜飼博徳両被告に対する執行猶予なし死刑判決が確定し、最高人民法院が刑執行の是非を審査している。死刑判決確定は3人目となる。


 
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
カテゴリー
最新コメント
[12/09 NONAME]
[11/05 nihonchan]
[10/30 NONAME]
[10/16 イジメ許すな!]
[10/16 イジメ許すな!]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
nihonchan
性別:
男性
自己紹介:
管理人の匿名メールアドレス。告発大歓迎。ブログで話題にすべき数々の密室犯罪行為をたれ込もう。悩み相談受付。秘密厳守。

 tutumikoushien@yahoo.com.ph

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © いじめは犯罪。理不尽な肉体的苦痛、精神的苦痛には断固ノーを。自殺だけはするな。 All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]