忍者ブログ
「美しい」国ニッポンの陰、世界の片隅で苦しむ人を1人でも救いたい。人扱いされていない人間を1人でも少なくしたい。そういう思いでニュースを中心に数々の卑劣な行為を糾弾していく。協力頼む。
[56]  [57]  [58]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63]  [64]  [65]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  大学は出たけれど・・・昭和初期によく言われた言葉。この頃は今ならばニートといわれる人が多かった。空前の就職難で大学を出ても勤める場所がなく、大量の大卒失業者が供給された。もっとも「家にいたら気まずいから」という理由で当時のお金で80円ばかりの初任給相場よりはるかに低賃金で働きに出るものもいたようだが、「家のメイドより低賃金で働くのはあほらしい」と無職を決め込み、銀座のカフェあたりで徘徊する大卒若手失業者が多かったようである。それでも日雇いを除く当時の失業率は3パーセント前半で今より良かった。何よりこの頃はまだ大卒の学生が「学士さん」と呼ばれ相応の評価は受けていたので、今のように特段に社会的に気まずいことはなかったのではないか。それと比べても現況は尚いっそうひどいと思われる。余談だが、当時は早慶が都内の二大マンモス大学であり、明治大学の20倍ぐらいの規模であったようである。明治大学も私学を代表する名門であるが、当時の学生数の差が実績の差になって、ややレベル的に低くなったのかと思われる。また当時はプロ野球はなかったが野球の早慶戦のチケットは大人気で、大学の野球選手の人気は芸能人顔負けで、野球の試合ではダフ屋が徘徊し相場の数倍の値段でチケットが取引され、プロマイドの売り上げは常にトップクラスであったということ。

  今の20代30代の若い人でも「大学は出たけれど・・・」とつぶやかざるを得ない人は多いのではないか。国全体のマクロとしてみれば人が足りない感もあるようだが、個々の企業の求めている人材とミスマッチが起こっているようである。今は会社も即戦力を求めている厳しい時代になっているので、評価の高い大学であれば尚良いのであるが、学校で学ぶ内容も考えて選択していかないとならないのかなあ。企業で必要とされるなんらかの武器が必要になっている。理系はわりかし受けが良いようであるが、文系であれば語学なりなんなり勉強して自分を売り込む何かが必要となるであろう。個人的には必要にあわせてする勉強はつまらないと思うけど、労働条件の良い会社に入りたければしかたない。また外資やベンチャー企業は3年会社にいられれば長い方である。超競争社会は多くの人にとって良いことないと思うが、現実は現実なので対応していかないとならない人が多いであろう。

  ところで滝川高校いじめ殺人事件の主犯格とされる人間が、立命館大学野球部にスポーツ推薦で合格したようである。新しい掲示板も作らないとならないが、まさに日本国中で名前と不良行為が知れ渡っているのに、いまだ自己の保身に執着しているようである。立命館大は京都で見たことがあるが、大層人が集まっており、あのような場所に殺人事件の当事者とされる人間が出て行くとは、恥知らずとはこのことであろうと感じる。一般の人からは立命館大学の格落ち。受験回避したい。など言われるが、在学生や来年の受験生がたいそうかわいそうに感じる。数々の学内学外での不良行為を繰り返し、殺人行為まで犯したチンピラが推薦入学では、まじめに勉強をやってこの大学に入る人に申し訳が立たないのではなかろうか。大学生が学士さんなどと呼ばれ尊敬されないのももっともである。犬や猿以下のこの人物が入学することは回避不可能になっているのか。今となっては立命館大学学生の彼への執拗なる攻撃とマークが期待されるところである。まあそんな甘い場所ではないと思うし生き地獄さえ味わうのではなかろうか。あれが出てきても立命館の学生は応援できるのかな。
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
カテゴリー
最新コメント
[12/09 NONAME]
[11/05 nihonchan]
[10/30 NONAME]
[10/16 イジメ許すな!]
[10/16 イジメ許すな!]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
nihonchan
性別:
男性
自己紹介:
管理人の匿名メールアドレス。告発大歓迎。ブログで話題にすべき数々の密室犯罪行為をたれ込もう。悩み相談受付。秘密厳守。

 tutumikoushien@yahoo.com.ph

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © いじめは犯罪。理不尽な肉体的苦痛、精神的苦痛には断固ノーを。自殺だけはするな。 All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]